コンテンツへスキップ

ドイツ空軍の腕時計壊れる

今からもう10年以上前の話になりますが、私はある配送業者に就職しました。社会人デビューしたので、ブランドの腕時計を買うことにしました。買ったのは『ジン』というドイツのメーカーの腕時計で価格は18万円くらいでした。
ジンの創業者は第二次世界大戦でドイツ空軍パイロットとして活躍した人物で、そこでの経験を活かし過酷な状況下でも使える精密な航空時計を作ったのが始まりとされています。さて、配送業者に就職できたところまでは良かったのですが、運動神経があまり良くない私は配達には向いていなかったらしく、仕事が終わるころにはいつもボロボロの姿で帰ってくる日々が続きました。そんなある日、自分を奮い立たせる意味も込めてジンの腕時計を身に付けて配達してみることにしました。配達中に光り輝くジンの腕時計を見ると『ジンが私を応援してくれている』様な気になり、頑張ることができました。しかし残念なことにジンの腕時計は途中で動かなくなっていました。おそらく配達中に至る所にぶつけたのが原因だと思われます。
会社に帰って先輩に『ジンの腕時計が壊れるなんて、お前はドイツ空軍よりも過酷な仕事をしているんだな』と言われたことが良い思い出になっています。