コンテンツへスキップ

営業職に必要な「腕時計」という時間管理ツール

営業職としてクライアントと会う時、また、同じ営業職の方と会う時、向かい合ってふと目が行くのが腕時計です。

つけていないのであればつけていないで特に気にならないのですが、つけている方の時計に関しては、すっとブランドを確認してしまいます。

安価なブランドだからどうだとか、ハイブランドだからどうだとかいうわけではありません。

ただ、腕時計を見るとその人の人となりが分かるような気がします。

携帯電話やスマートフォンがより身近なものになり、腕時計をしていない方が多々います。

けれど、場所によってはそれらで時間が確認できないこともあります。

営業職として時間管理は必須。いつでも時間を確認できる腕時計は未だに必要アイテムです。

アポイントメントが多くある場合(そしてそれをお互いに認識している場合)、話の途中にふと腕時計に目を向けるだけで、切り上げのサインになります。

携帯電話を取り出して確認するよりはスマートに見えるでしょう。

女性にとってはアクセサリの一つとして、TPOに合わせて付け替える方もいらっしゃるかもしれません。

携帯の時計も街中の時計も、時間を確認するツールがあふれているにもかかわらず腕時計を持つのは、やはり未だに仕事のツールとして活躍するものだという認識があるからかもしれません。