コンテンツへスキップ

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。自分は昔からですが、ほんとうに時計好きの人間でした。オメガやディーゼル、ドルチェアンドガッパーナなどいろいろな時計を保有しております。
それでこれは昨日の話となりますが、友人が、珍しい時計を着用していると思い、自分は拝見をさせていただきました。それでこちらのダニエルウェリントンという時計であることがわかりました。自分はあまり聞いたことのないネーミングであったので、自分なりにいろいろと調べてみました。
それでダニエルウェリントンは非常にシンプルなデザインをしているので、一見だけではダニエルウェリントンということに気付かない人も多いかと思われます。それでいて、ストラップの交換が可能で、ストラップを変更をすることにより、また別の種類の時計を着用している気分にもなることができます。海外から愛されている時計となっていて、最近ではこの日本でも主流の一つになりつつある時計となっております。金額などもそこまで高額ではないので、だれでも手に届くところの金額かとは思います。自分も今度夏のボーナスが手に入ればこちらのダニエルウェリントンの腕時計を購入したいと考えております。

これから腕時計を購入しようと思っている人は慎重に腕時計選びをされる事をおすすめします。それはどうしてかというと、腕時計をあまり適当に選んで身に着けると後悔する事になるからです。

それは具体的にどういう事かというと、腕時計は着ている服以上に他人の目につきやすいからです。なので、あまりに安物の腕時計をもに着けているとその腕時計を見た人に甘く見られるようになります。

では、どうして安物の腕時計をしていると甘く見られるのかというと、それは

良い大人が目立つ腕時計を安物を選んで身に着けていたらその人間はろくな腕時計も買えないくらいの経済力しかないとビジネスシーンで取引相手に思われてしまうからです。

では、どうして服以上に腕時計が他人の目に付くのかというと、それは

服は一見してそれが高い物かどうか分からない事が多いですが、

腕時計は素人でも見て分かるくらいその高級感が見て取れるからです。

なので、プライベートの場で腕時計をする場合を除いては腕時計は

それなりの高級ブランドの腕時計をした方が良いです。

そうすれば多くのビジネスシーンでこの人間は仕事ができるからこそ

これだけの腕時計をしているという風に思われるので腕時計選びは慎重にすべきです。

営業職としてクライアントと会う時、また、同じ営業職の方と会う時、向かい合ってふと目が行くのが腕時計です。

つけていないのであればつけていないで特に気にならないのですが、つけている方の時計に関しては、すっとブランドを確認してしまいます。

安価なブランドだからどうだとか、ハイブランドだからどうだとかいうわけではありません。

ただ、腕時計を見るとその人の人となりが分かるような気がします。

携帯電話やスマートフォンがより身近なものになり、腕時計をしていない方が多々います。

けれど、場所によってはそれらで時間が確認できないこともあります。

営業職として時間管理は必須。いつでも時間を確認できる腕時計は未だに必要アイテムです。

アポイントメントが多くある場合(そしてそれをお互いに認識している場合)、話の途中にふと腕時計に目を向けるだけで、切り上げのサインになります。

携帯電話を取り出して確認するよりはスマートに見えるでしょう。

女性にとってはアクセサリの一つとして、TPOに合わせて付け替える方もいらっしゃるかもしれません。

携帯の時計も街中の時計も、時間を確認するツールがあふれているにもかかわらず腕時計を持つのは、やはり未だに仕事のツールとして活躍するものだという認識があるからかもしれません。